目 次


セキ 1000 形  

ホ−ム

両数 1480
荷重 30
製造初年 S5
製造所 汽車他
形式消滅 S50
セキを屋根付きに改造した物で、葛生地区の生石灰を運んでいた。常備は佐野駅で吉沢石灰のホキ4700形等と共通運用され、大叶〜浜川崎の運用になっていた。
1001

S43.6
浜川崎

国鉄貨車 016
エンジ軌道
inserted by FC2 system